秋田犬の飼育にかかる生涯費用を、初期費用と月々かかる飼育代から計算!

秋田犬

忠犬ハチ公で有名な秋田犬は、日本犬の中でも大型で勇敢な犬種としてしられています。

海外でも人気の秋田犬ですが、飼育にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

この記事では、秋田犬の飼育にかかる生涯費用を初期費用と月々の飼育代から計算してまとめました。

秋田犬の飼育にかかる初期費用:迎え入れ費用

秋田犬

秋田犬の子犬の販売価格は20万円ほどです。ショーに出るような子犬だと20万円以上することもあります。

毛色による価格の違いはあまりありませんが、血統が良ければ高額になりやすいということですね。

 

秋田犬の飼育にかかる費用:食事代

秋田犬

マタギ犬とも呼ばれ秋田県で狩猟犬として活躍していた秋田犬は、大型で運動量の多い犬です。

筋肉の下地となるタンパク質を豊富に含み、かつ健康な関節のサポートに役立つ成分も含有されているフードを選ぶといいですよ。

1か月の餌代

1か月の餌代

1万2,000円

秋田犬のような大型犬の1か月の平均のドッグフード代は約1万2,000円ほどかかる見込みとなりました。(Qrasippo調べ)

量販店で購入できる手に取りやすいものや、無添加にこだわったプレミアムフードなど様々なドッグフードを10個選定し、平均価格を算出しました。そのため、実際に購入してみたら案外安く済んだ、高くついたということがあるかもしれませんので、この値段はあくまでも参考にしてみてください。

秋田犬は大型犬の中でも体が大きな犬種なので、食事量も多めです。ドッグフードには様々な種類があるので、愛犬にぴったりなドッグフードを選びましょう。

 

秋田犬の飼育にかかる初期費用:飼育費用

秋田犬

飼育グッズ費用

約10万円

秋田犬を飼育するために必要なものは「サークル」「床材」「食器類」「首輪」などです。

総額で10万円近くかかりますがなるべく揃えてあげてくださいね。

 

サークル

30kg程度にまで成長する秋田犬には、幅120cm高さ100cm程度あるサークルがおすすめです。

1~3万円ほどで購入できますよ。

 

床材

床がフローリングだと滑って怪我をしたり骨折をすることも考えられます。

クッションフロアや絨毯を敷く、フローリング用滑り止めワックスを塗るなどの対策をしてあげてくださいね。

マットは20畳で4万円ほど、ワックスは1万円ほどで販売されていますよ。

 

食器類

食器類は、ドッグフード用と水飲み用の2つを用意します。

ドッグフード用の食器は20cmほどの大きさでステンレス製を選ぶといいですよ。耐久性に優れていますし、十分な大きさがあるのでドカ食い・胃捻転の防止にもつながります。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面を考慮すると給水ボトルタイプがおすすめです。

 

首輪

しつけがしっかり出来るまでは首輪がおすすめですが、キチンとしつけが出来て上手な散歩が出来る様になればハーネスでも問題はありません。

首輪・ハーネスは4000円、リードは3000円ほどです。

 

秋田犬の飼育に月々かかる費用:その他費用

秋田犬

費用の合計

年間約8万円

トイレシート

トイレトレーとトイレシーツをそれぞれ用意するのが一般的ですが、洗って繰り返し使えるおしっこパッドを用意すると便利ですよ。年間5000円にはおさまるはずです。

 

シャンプー・リンス

シャンプー・リンスなどのケア用品も用意しておきます。年間1万5000円ほどになります。

 

医療費

大型犬の場合、1年間にかかる医療費はおよそ6万円になります。

寿命が約10年なので、60万円前後を見積もっておくといいですよ。

 

秋田犬の飼育に生涯かかる費用を計算

秋田犬

生涯かかる合計費用

約254万円

犬の飼育にかかる生涯費用は

初期費用」+「年間費用」✕「平均寿命

で計算することができます。

 

初期費用は「迎え入れ費用約20万円」と「飼育グッズ費用10万円」を足して、約30万円ほどかかります。

年間費用は「食事代約14万4,000円」と「その他費用8万円」を足して、約22万4,000円ほどと概算できます。

秋田犬の平均寿命は約10年なので、生涯費用を計算すると30万円+22万4,000円×10年=254万円ほどになる計算です。

※この計算は参考程度にしてください。餌代が高くなると比例して費用も高くなったり、病気にかかった際の診療代などもイレギュラーで発生する可能性があります。

 

大型犬の飼育は費用もかさむ!

秋田犬

秋田犬はもともと猟犬や闘犬として活躍してきた歴史を持ち、運動量がたくさん必要な犬種です。

飼育費用も決して安くはないので、軽い気持ちで迎え入れることはおすすめできません。様々な面をよく検討して、しっかり面倒をみきることができると確認してから迎えてあげてくださいね。

関連記事